スワップポイント投資方法

FX両建てスワップポイント手法!ドル円の買いとユーロ円の売りで為替差益も狙う!

更新日:

スワップポイント両建て ドルとユーロで為替差益狙い

こんにちは。めざお(@Mezaoku_tweet) です。

スワップポイント投資において気になるのが為替差益による含み損です。

この含み損を両建てすることで軽減できて、かつ為替差益も狙う方法があります。

それはドル円の買いとユーロ円の売りで運用する変則FX両建てスワップポイント手法です。

詳しく解説していきますね。

ドル円を買い・ユーロ円を売る変則両建て

通常両建てとは同じ通貨で買いと売り両方のポジションを持つことですが、今回紹介する変則両建てでは別の通貨を利用します。

結論からいうと、ドル円の買いとユーロ円の売りでポジションを持ちます。

その理由は以下

ココがポイント

  • ドル円とユーロ円は相関関係
  • ドル円の買いはスワップポイントが高い
  • ユーロ円の売りはスワップポイントがプラス
  • 為替差益も狙える

ドル円とユーロ円は相関関係

ドル円とユーロ円相関チャート

このチャートはここ10年のドル円とユーロ円の週足チャートです。

見ていただくと分かるように同じような動きをしています。

これを相関関係にあると言います。

相関関係だと何が良いのか?以下がポイントです。

ポイント

  • ドル円が下げてもユーロ円の売りで含み損を相殺
  • ユーロ円が上げてもドル円の買いで含み損を相殺

要は為替差益による含み損を相殺する効果があるんですね(*^^)v

ドル円とユーロ円のスワップポイント

同じ通貨での両建ての場合、必ず買いか売りどちらかのポジションはマイナススワップとなります。

でも今回はドル円の買いとユーロ円の売りです。

スワップポイントを確認すると以下の通り

ドル円とユーロ円スワップポイント

スワップポイント

  • ドル円の買いは1日85円
  • ユーロ円の売りは1日20円

このようにドル円の買いとユーロ円の売りのポジションを持つことで必ずプラスのスワップポイントがもらえます。

これが変則両建ての大きなメリットだよ!

為替差益も狙っていく!

そして今回の手法はただ単にスワップポイントをもらうだけでなく、積極的に為替差益も狙っていきます。

その理由は以下の記事で解説しています。

では、どのように為替差益も狙っていくのか?

次で詳しく解説していきます。

FX両建てスワップポイント手法の売買戦略

ドル円を買って、ユーロ円を売ることでスワップポイントももらいつつ為替差益も狙うことは理解いただけたと思います。

為替差益を狙う上で大事なのはドル円は安い時に買い、ユーロ円は高い時に売るといことですよね。

どれくらいの価格でドル円を買い、ユーロ円を売るのかはある程度決めておく必要があります。

売買価格

過去のチャートから自分なりの売買価格を決めておきましょう。

一例ですが、参考までにぼくならこうかなという売買価格の考え方をお伝えしておきますね。

ドル円の場合

ドル円週足チャート

ココがポイント

  • ここ5年間では100円~125円の間で価格推移
  • ここ5年間の価格推移の中間値である112.5円を起点に売買ポイントを考える
  • 100円~112.5円の間は買い増しゾーン
  • 115円になったら利益確定する

まずはここ5年間の価格推移の中間値を割り出し、その値より下で買い、その値より上で決済ポイントを決めます。

あくまでもスワップ狙いなので中間値より下では積極的に買っていき買いポジションを増やしたいですね(*^^)v

利益確定ポイントは自分が好きなように決めてよいですが、あきらかに反発している115円としました。

あまりにも到達しそうにない価格(130円とか)にしても機会損失となるので注意しましょう!

ユーロ円の場合

ユーロ円週足チャート

ココがポイント

  • ここ4年間では110円~140円の間で価格推移
  • ここ4年間の価格推移の中間値である125円を起点に売買ポイントを考える
  • 125円~140円の間は売い増しゾーン
  • 120円になったら利益確定する

ドル円と同じくここ5年で考えると最高値が150円と高すぎたので、ここ4年間の価格推移の中間値を割り出し、その値より上で売り、その値より下で決済ポイントを決めます。

ユーロ円はスワップポイントがそんなに高くないので、ドル円のリスクヘッジの意味が強いです。

なので、売り増しゾーンで積極的にというよりはドル円が上がったらユーロ円も上がっている場合が多いので、そのタイミングで売り増しするとよいでしょう。

利益確定ポイントはユーロ円の場合明確な反発ポイントがなく決めにくいので中間値より5円下の120円としました。

この時点ではユーロ円けっこう下げているのでまだ売りポジションは持たない方がいいでしょうね。ゆっくりいきましょう(*^^)v

売買通貨数や運用レバレッジ

表にしていますので、ご自分の許容リスクにあわせてきめてください!

ドル円ユーロ必要資金2

おすすめはレバレッジ2倍!

1倍だと資金が多く必要で投資効率が悪い、3倍だとリスクが高い。

なのでちょうど間をとってレバレッジ2倍を推奨します(*^^)v

と言いつつぼくは10万円で5,000通貨買って運用中です。

参考マネーパートナーズFXnanoでドル円を積立!少額投資可能でスワップポイントも高い!

あなたのスワップポイント生活の参考になれば幸いです!

ちなみにドル円とユーロ円の相関関係のところでお見せした二つの通貨ペアを一つのチャートに表示する機能

アイネット証券で口座開設すると利用できますので、利用したい方は是非、口座開設しましょう!

アイネット証券口座開設(無料)

FX両建てスワップポイント手法のメリット・デメリット

メリット

メリット

  • 塩漬け期間中でもスワップポイントがコツコツ貯まる
  • 為替差益が相殺される
  • 為替差益も十分狙える

基本的にはスワップポイント運用なので、塩漬け期間中でもスワップポイントでコツコツ資産を増やしていきます。

また、前述のとおり米ドル円とユーロ円は相関関係にあるため円安時でも円高時でも米ドル円の買いポジションとユーロ円の売りポジションで為替差益が相殺されるため含み損が大きくなりません。

そしてドル円を安い時に買って、ユーロ円を高い時に売るので為替差益も十分に狙えます。

間違いなく言えるのは為替差益の方がスワップポイントよりも大きいということ。

為替差益が出ている時は迷わず決済して利益を確定しましょう!

デメリット

デメリット

  • ポジションを持つまでに時間がかかる
  • ポジションがない期間は資金効率が悪い

この手法はドル円が安い時に買って高い時に売る、ユーロ円が高い時に買って安い時に売るという手法なので、相場の変動状況によってはポジションを持つまでに時間がかかります。

そのためポジションを保有してない間はスワップポイントがもらえず資金効率が悪くなります。

FX両建てスワップポイント手法におすすめのFX会社

ドル円の買いスワップポイントが高く、ユーロ円の売りスワップポイントも高いFX会社は間違いなくLIGHTFXです。

ドル円のスワップポイントが高いFX会社は結構ありますが、ユーロ円の売りスワップポイントが1日20円と高いのはLIGHTFXくらいです。

口座をお持ちでないなら是非開設しておきましょう!

スワップポイント投資するなら必須の取引所です!

LIGHTFX

LIGHTFX

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

全般的にどの通貨もスワップポイントが高く、実際にぼくも利用している一番おすすめのFX会社です。

ぼくが「これはおすすめだっ!」と思ったのはスワップシミュレーション機能です。

一度、使ってみてください。

運用期間(1年後、5年後とか)に応じたスワップ利益などを瞬時に計算してくれますよ(*^^)v

難しい計算は一切不要。通貨と自分の資金を入力して計算ボタンを押すだけ!

スワップポイント投資するなら必ず口座開設しておきたいFX会社の一つです。

また当サイト経由で口座登録いただくと3,000円のキャッシュバックありなのでさらにオススメです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も当ブログスワップポイント生活の教科書をどうぞよろしくお願いいたします。

ツイッターフォローいただけると嬉しいです(*^^)v

めざお(@Mezaoku_tweet

LINE@もはじめました。ツイッターやLINEでなんでも聞いてくださいね(*^^)v

友だち追加

-スワップポイント投資方法

Copyright© FXスワップポイント生活の教科書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.